教育は勉強する事だけではありません

叱ることも教育のひとつです

教育は勉強する事だけではありません 子どもの教育の行い方というものは、人それぞれですし、こういったものは感情によって変わってくる場合もあります。そして、そういった中でも褒めることを中心の教育を進めていて、あまり叱ることがないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。確かに褒めることで子どもに自信を付けさせることができ、長所をのばしていくことができるのですが、度が過ぎてしまうと、何をしても怒られないと感じてしまう子どももいますので、気を付けていかなければなりません。

悪いことをしたのであれば、それを悪い風に思わせない叱り方よりも、何が悪いことなのかわからせる叱り方の方が、子供は良い方に成長します。また善悪の判断などができるようになるため、悪いことを自らの意思でしないようになるでしょう。ですが、悪いことだからといって、叱りすぎることも問題となります。こういった教育はバランスというものが大切で、褒めることも叱ることもバランスよく行っていかなければ、どちらかに偏ってしまう可能性もあります。

ですので、もしも教育を行っていく際に、どのような教育がいいのか迷われているのであれば、正しいことを教えていくということを心の柱にして、教育を行っていかれるといいでしょう。

お勧め情報